スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今更ながら出産日記

長いので読みたい人だけドウゾ。


1月9日午前8時半頃にお犬様と病院へ
まず内診したところ、子宮口は相変わらず3㎝程度。
陣痛も来ないので、錠剤を1時間ごとに6回飲んでそれでも来ないようなら点滴へ変更ということで、そのまま入院となりました。

赤ちゃんの心音と子宮の収縮がわかる装置をつけてしばらく横になってたけど、痛みはあっても強くない・・;
個室に戻ってマッタリしてたところ、お犬様がヒマだったので近くの本屋に行って来ると出ていったきり昼まで帰ってこなかった;
その間ヒマでしたわよー!

いない間にまた内診があったんだけど、全然まだまだーって感じでした。
とりあえず、予定日より13日遅れてる事もあってコレ以上遅れると胎盤の機能が低下するって事で、なんとしても今日中に産みましょうと言われました。

お昼は病院食がでたんだけどー・・・


天丼+αだった!
おおぅ豪華だ!

出産に備えて体力つけないといけないし・・・ちょっとムリして食べきりましたヨ。
あまり揚げ物好きじゃないので(天ぷらもフライも量は食べれません)食べた後がすごく気持ち悪かったけども;

親戚のおばさんがおかんの代わりにってわざわざ病院へ来てくれました。おかんは仕事で6時近くまでいないのでね。

結局、錠剤じゃ効き目があまりなく、点滴に移行しました。
その途端尋常じゃない痛みがががが・・・・!
痛みの間隔もだんだんと狭まり、15分どころか5分ともたないうちに来るのでめっちゃ唸ってましたよー;
ヒッヒッフーの呼吸をしようにも、ヒッヒ・・・いたーいぃぃー と呼吸になってなーい;
子宮口は6㎝まで開いたんだけど、頭が下がりきってないみたいで運命の選択に・・・・



このままギリギリまで自然分娩を待つか、スタッフのいるうちに(16時頃だったかな?)帝王切開に切り替えてしまうか・・・
ギリギリ待っても出てこなかったら帝王切開になるんだけど、そうなるとスタッフを夜に呼び出さないといけないからまた時間がかかるし・・・

時間がかかればかかる程、胎盤の機能が低下して危険が増という事で・・
お犬様は子供の事を考えて帝王切開でいいんじゃないかと。
私は・・・・ハッキリ言って痛みで考えられなかったヨ;
もうどっちでもいい~; というか、陣痛が何時間も続いた後に帝王切開になっちゃうくらいなら今からでいいや みたいな。

そんなこんなで帝王切開へ切り替えました。
手術前に書類を書かなければいけないんだけど、それはお犬様へお任せ。痛みで殆ど答えられんかった;

手術室に入ってから実際はじまるまで多分1時間位。
その間陣痛と戦ってました;とにかく痛いんですよ・・・
そしてやっと手術へ・・
背骨の所に麻酔を打って、その後口からも麻酔を・・一応部分麻酔って事で赤ちゃん見れるからねーって言われました。
口からの麻酔は以前貧血で入院した時に経験したから、ゆっくり深呼吸をーって思ったんだけど、痛くて呼吸がうまくできず

麻酔がかかりきる前に腹切られました

思わず『痛いー』って叫んだワ;
横にいた看護婦さんが必死に深呼吸してーって言ってたヨ。もう遅いー・・・それでも先生手を止めないので肉をハサミで切るような感覚も体験しましたさ。
その頃ようやく意識が朦朧と・・・声はハッキリ聞こえるのに1テンポ遅れて聞こえるような感覚?
頭の中ではレコードのようなものがずーっと回ってました。
看護婦の『私初めて見るんですよー』って声が頭に残ってるなぁ・・帝王切開初めてみる人もいるんだ・・なんて思ったりしてたし。

横にいる看護婦が心拍数を報告してたんですが、途中で『○○注入しますか?』と・・○○って何?と思ったら何だかものすごく苦しくなって息ができなく・・・
多分酸素注入しますか?って事だったんだと思う。
こっちは必死に呼吸してました; 苦しかったよー;
心拍数が落ち着くまではやっぱり手術の手は止めるんだな、とか思ってるあたりまだ余裕だったのかもしれんけど・・
なんかいきなりお腹押さえつけるし、何?と思ったら『そのままでいいから取りあげて!』と先生の声。
マウスが外されたと思ったら
『産まれましたよ!』
と・・・手術台のライトでよく見えませんでしたが(朦朧としてたし)小さい物体が目の前にあったので思わず涙が・・・
すぐさま
『まだ終わってないから泣くのは後で』言われたヨ・・・

またマウスをつけ直したわけですが、きちんとついてなくてまた意識が戻り始めた感じがして・・・そこへいじくられたもんだから
また痛いーーーーーって言ってたナ;

手術が終わって病室へ運ばれた後も、うわごとの様に
痛いー って連発してたようです。
実際痛かったし・・・・;

痛みを感じてる間、頭の中では縦長で灰色の長方形がありました。
痛みに応じて灰色の部分が増えたり減ったりするんですよ。
ズキズキと一箇所が痛い時は縦長。全体が痛い時は横長の物体でした。
たまに灰色の液体が箱からあふれだしたり・・・その時はとにかく痛かった。

柚を連れて来てくれた時はさすがに目を開けて何とか痛いの我慢して触ってみたよ。
メガネがないからハッキリ見えなかったし、まだ朦朧としてる感じだったけど、頭か何かに触った時はさすがに涙が出ました。
すぐさま痛みでまた唸ってましたけどね;
お犬様が耳元で『産んでくれてありがとう』みたいな事を言ってた気がしましたが・・・返事どころじゃなかたヨ;

柚は頭が下にあったものの、上を向いた状態で首にへその緒が巻き付いてたらしです。
普通に産もうとしてたら最悪へその緒で首が絞まってたり・・なんて事になってたかも!?
随分痛い思いしましたが、帝王切開に切り替えて本当によかったと思います。
無事に産まれてくれてよかったわ

次の出産も多分帝王切開になるんでしょうな・・・1度やると次もそうなるっぽいし・・
にしても、陣痛って本当に痛いです。
最後までその痛さを味わってないけど、やっぱり母は強いなと思いましたわ。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はい、せんせー

へその緒が首に巻き付いて、産道で窒息してたヤツがここに居ます!

締まって出てこないからカンシ分娩。頭はさんで引っこ抜かれたらしい。
で、泣き出さなくて呼吸が始まらないから、看護婦さんに思いっきりケツをひっぱたかれたとか(笑
出産後に「後遺症が残るのを覚悟してください」と言われたらしいよウチの両親。

後遺症とかの可能性を考えれば、帝王切開は正しい選択だったかも知れないねぇ。

【2007/01/20 18:30】URL | SAM #w4Ib0zSU[ 編集]

はーい。ここにも紫色で産まれてきた者参上☆
我が性格とかはきっと後遺症だ(笑)

【2007/01/20 18:53】URL | かみやんこ #-[ 編集]

大変だろうなとは思いつつここまで書かれると
臨場感がなかなか…

帝王切開は正しい選択だと思うよ.
次も,普通の分娩で待機⇒限界で帝王切開へ切り替えになるはず
まぁ,クセが付くんだかどうだかわからんけど帝王切開のほうが多いらしいな

Wikipediaに載ってるから見てみるよろしwww

【2007/01/21 02:16】URL | ゆかり #mQop/nM.[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://fiapo.blog74.fc2.com/tb.php/172-60ae780f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。